Lakes Area
Bike Club

Printable Version

Lakes Area Bike Club

The Lakes Area Bike Club is a group of recreational cyclists who ride together on Tuesday nights throughout the summer in Minnesota.

Here is some information about the club:

In the Lakes Area Bike Club, there are no dues or officers, only a small fee for members to cover the website cost. We try to keep the club simple and not too complicated. We do most of the communication through emails and public service announcements. We ride in various towns in the Lakes area including Brainerd, Fargo, Ashby, Detroit Lakes, Sebeka, Menahga, Vergas, Frazee, Battle Lake, Ottertail, Dent, Wadena, Perham, New York Mills, Staples, Deer Creek,  Walker, Wolf Lake, Clarissa, Henning, and Parkers Prairie. We set a schedule at the beginning of the season and a cyclist from each town will be in charge of the ride for the week and get the honor of being the “ridemaster”. The ridemaster plans the ride and produces maps for the riders.

One of the reasons for the success of our club is that we always try to welcome and encourage new riders who prefer riding less than 15 miles. Every ride will provide at least two choices for route length. Another reason for success is the varied locations and informal sharing of responsibilities. We encourage use of helmets, but do not require them. We usually gather as a group after the ride at a local restaurant for socializing and refreshments.

For more information, you may contact:

Staples/Motley Area:
Bob Hamann
218-894-3139
Perham/Vergas Area:
Pat Puetz
218-334-8441
or pat81452@hotmail.com

Detroit Lakes Area:
Glen Gifford
218-847-4851

New York Mills/Wadena Area:
Greg Jacobson
218-385-3976
or 218-631-3120

Speed:
Image
Thumbnail ImageThumbnail ImageThumbnail Image
Status: Loading

I Like It Like That Inc.
© 2016 Rights Reserved

?

?

東京には多くの独特のブティックを持っています。表参道、原宿、渋谷、代官山ストリートブティックが集まる4つの主要な機能です。 表参道は、ヨーロッパ、日本およびその他のトップデザイナーに集まりました。衣料品店のウィンドウディスプレイは、経済力のグレードを持っている人に適した、非常に創造的です。最近は東京で最も有名なショッピングスポットとして、その魅力は、世界や大規模な衣類広場にいくつかのよく知られているブランドだけ多くの世界的に有名なブランドの旗艦店もここで設定され、ここにあるということです。 、渋谷のショッピングモールのお店が集中している東京の若者の活動の主要な場所である;原宿店は、メイン衣類を点灯する10〜20歳の学生に適している代官山は、ハイエンドのコミュニティに属している、小売流通は、断片化、アパレル豊​​かな芸術雰囲気です。 リンク人気ブランド 理論:25〜30歳の白人女性のため。そのスタイルと色は比較的簡単ですが、品質はとても良いです。 AMERICANRAGCIE:例えば、Tシャツ、パンツ、アクセサリーなどのアメリカの民間人の服の販売。 ABATHINGAPE:シリーズの「ポスト原宿「光の衣類の代表がのために知られているように。統合されたファッションショップ JOURNALSTANファンDARD:女の子のための中立的なカジュアルブランド。 CIENA:シンプルなデザイン鮮やかな色のカジュアル衣料。 CHER:ブティックの優雅な、洗練されたイメージ内のオフィスワーカーに適しています。 BEAMS:カジュアルウェアのための20歳。 軽量カジュアルウェアの両方だけでなく、フォーマルな場面の服の上に着ることができる:私はブティックGAP、ベネトンを愛しました。独自の生産工場を持って、自分のセールスポイントで販売しています。 無印良品:日用品からファッション、電化製品、すべてに。 (遠くつる舞妓Ningmeng分として) 銀聯カード 今、日本の観光地を中心に急速に成長しているに参加する銀聯カードショップを使用することができます。 2007年3月末が10,000拡大されるまで期待されている既存の6000ベーシスポイントに参加。あなたが外貨現金量を運ぶことができる、日本の観光に行くとき制限されているため、需要の銀聯カードの使用が劇的にアップ上昇し続けます。ここのお店、東京銀座三越、松坂屋銀座;?大阪大丸心U ??フアン英ハウス新宿、大阪、京都の各店舗であり、ハイエンドの店に参加します。家電販売店ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ラオックスのように。また、成田、中部国際空港、関西国際空港、東京お台場モール、東京ビーチは、他のショッピングサイトを使用することも可能ですヴィーナスフォート。 難点 日本で最も便利な税金 各店舗には大きなリベートポイントを持っています パスポートで払い戻すことができます ヨーロッパに比べてはるかに便利